No
目的
説明
1
全顔フェイスニング 各トレーニング効果を最大化するためのウオーミングアップ。いそがしくてトレーニングができない日でもこれだけを実行しておくととりあえずは安心できるトレーニングです。
2
好感の持たれる
笑顔・表情・小顔
柔らかい笑顔、自然な笑顔、写真うつりの良いお顔を目指します。
No1,No2は必須とさせていただいております。

他メニューは以下よりご希望をお選びいただき、講師がお顔の状態、骨格、表情の癖などをみさせていただきカウンセリングしながらレッスンさせていただいております。
全2レッスンで可能な<目的数>は平均9項目です。
人気の高い項目を記載させていただいておりますが、10以降からも勿論お選びいただけます。
3
目の下のタルミ 目の周りの皮膚は非常にうすく、特に下マブタは疲労、生理、睡眠不足などでクマができやすくなります。下マブタの筋肉を動かして血行を促し、クマや下マブタのゆるみを予防します。
4
ほうれい線 頬は肌の美しさの決め手となるところです。頬の血液の循環を良くし、あれ肌改善、肌色を良くし、頬のタルミを防ぎほうれい線を薄くなるよう目指します。
5
上マブタの垂れさがり 加齢とともに下がってくるマブタを張のあるマブタを維持できるようトレーニングしていきます。
6
カラスの足跡 一番早く老化が現れてしまうところです。日々の運動で軽減、防止できるようトレーニングしていきます。
7
眉間の縦皺 眉は顔と頭の境界線で人間だけが持つヒト特有のものです。眉を引き下げるくせのある人は眉間の縦ジワとなりがちの箇所をトレーニングして改善、予防を目指します。
8
キリっとした目元 顔の中でもこの筋肉は自分の意のままに動かすことができない筋肉を動かします。上マブタの垂れさがり、下マブタのゆるみ予防にもなるトレーニングです。
9
二重あごの予防 シャープなフェイスラインを目指します。年齢に関係なく、たるみやゆるみをセーブすることは可能です。
記載以外のご希望がございましたら、お気軽に講師迄お申し出くださいませ。
10
首のシワ、タルミ 枕の高さなどでお若い方でも出てしまう場合があるお首のシワ。首の皮膚を引き締めホッソリお首を保てるようトレーニングします。
11
歯茎丸見え改善 上唇のゆるみにより歯茎丸見え状態を改善するようトレーニングします。。
12
頬の下側タルミ 頬を引き締めすっきり顔になるようトレーニングします。
13
口の横のゆるみもたつき 口の横を引き締め自然な笑顔になるようトレーニングします。
14
目の疲れ、むくみ 水分の取りすぎ、お酒の飲みすぎなどえ腫れぼったいマブタになったり目が疲れた時に効果的な運動をトレーニングします。
15
額の横ジワ 解剖学的には額は頭部に入ります。前頭筋、後頭筋にアプローチし、横ジワ改善、予防を目指しトレーニングします。
16
口周りのタルミ 唇は加齢とともに薄くなりがちです。また、血流量の差が現れやすいところです。血流を良くし、扁平な唇、シワ、タルミを予防するようトレーニングします。
17
あごの梅干し 下アゴを引き上げる力が弱まると、タルミ、シワがでてしまいます。普段使わない筋肉なので意識できるようトレーニングします。
18
小鼻のタルミとあぶらうきの予防 鼻の周りは毛穴が特に開きやすく黒ずみがちなところです。体質にもよりますので黒ずみがちな方には予防できるようトレーニングします。
19
あごのタルミ、くぼみの予防 そしゃく筋で重力の作用に逆らってあごを引き上げることができますが、筋肉の力が弱るとタルミ、くぼみがで間の抜けた表情になります。改善、予防できるようトレーニングします。
20
鼻を形よく保つ くしゃみが出る前や、悪臭をかぐ時、相手を毛嫌いした時など鼻の付け根に横ジワが形成されます。改善、予防できるようトレーニングします。

小顔 | 笑顔 | 表情筋トレーニング | 東京 | 大阪

まずは血流を良くすること いよいよお肌に厳しい、冬に突入ですね。皆様、乾燥肌対策 ...

小顔 | 笑顔 | 表情筋トレーニング | 東京 | 大阪, スタイリストより

肩甲骨周りを柔らかくすることです。 自宅で簡単にできるストレッチでも、かなり効果 ...

小顔 | 笑顔 | 表情筋トレーニング | 東京 | 大阪

今日は日頃の感謝、愛を伝えたい 聖バレンタインデー 貴女の『ステキな笑顔』も贈ら ...

小顔 | 笑顔 | 表情筋トレーニング | 東京 | 大阪

肩甲骨周りと表情筋は繋がっている。 表情筋は顔の表面にある筋肉なので、身体の影響 ...

小顔 | 笑顔 | 表情筋トレーニング | 東京 | 大阪

小頬骨筋 しょうきょうこつきん 無人島にひとつだけ持っていけるとしたら? と聞か ...

Use to get the url and put it in any img tag or simply use in (category or taxonomy) template.